小林ひろ美さん流“夏やっちゃった”人のための老け肌挽回レシピ

BEAUTY VOCE編集部 2017.10.5

残暑が厳しいと、ついスキンケアの手を抜きがちだけれど、今のままじゃ肌は老けていく一方。そこで、夏のツケを 残さないよう、小林ひろ美さんの“老け肌挽回”レシピで美肌を取り戻して。今すぐ始めれば秋の肌が若返るはず。

小林ひろ美さん 美容家

美・ファイン研究所主宰。肌やコスメの豊富な知識に裏づけされた、的確な言葉の数々は納得の一言。コスメをより効かせるテクも効果抜群と大好評!

オイルマッサージで巡らせる!

「まだまだ紫外線が強い季節、いくら角質が溜まっているからといって、がっつり取ってしまうと紫外線ダメージのほうが強くなってしまう。水分、油分のバランスがくずれた肌はデリケート。取りすぎも取らなすぎもダメ。まずはリンパの流れを意識したオイルマッサージで巡りを上げ、湿潤状態を作って。ダメージを与えない優しいマッサージでメラニンを含んだ角質や、肌に居座る“こもり角質”を怒らせないよう、2段階の角質ケアを」(小林ひろ美さん)

1 額から眉へ押し下げる

オイルはしっかり温めてから顔全体に塗布。手根骨を額に当てて顔は下向きに。顔の重さを利用してコリをほぐし、眉まで移動させて。

2 眼輪筋に沿って目まわりをくるり

両手の中指を使って目尻→下まぶた→目頭→上まぶたの順にくるりと3周。最後はこめかみをプッシュし、リンパのゴミ箱に流そう。

3 クマのラインを流して

クマの部分はリンパの流れが滞り、水分や老廃物が溜まってむくみやすい。中指でなでながら耳前の出っ張り=ゴミポケットに流して。

4 頰骨下の咀嚼筋を軽くグリグリ

両手をグーにして第一、第二関節の部分を頰骨の下に押し当て、軽い力でグリグリ。咀嚼筋のコリがほぐれリンパの流れもよくなります。

  • 1/5ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード