《荒れ・ゆらぎ・乾燥》30代の肌問題はメイクテクで賢くカバー

BEAUTY HOLICS編集部 2019.1.3

普段どんなに無茶をしたって平気でも、突然見舞われるのが、乾燥や花粉症、黄砂、PM2.5などによる肌トラブル。自己流で保湿したりメイクしたりすると、肌荒れが悪化する原因になることも。そこで今回は、一年中引き起こる肌トラブルのお悩みカバー法を公開! メイクのプロが教える、スキンケア術やメイクの裏ワザをマスターして、肌の悩みを解消していきましょう。

乾燥でカサカサした肌をなめらかに見せたいなら、メイクをした後で保湿するのがおすすめです。スティックタイプの美容液を使えば、メイクの上から手軽に潤いをチャージできます。美容液を指に取って、カサつきが気になる部分にポンポンと塗りましょう。スティックタイプの美容液なら、ミストよりこっくりとした潤い肌を演出できます。

Q5 肌が敏感なときおすすめのブラシはありますか?

メイクブラシは、ファンデーションやパウダー、チークなどを塗るときのお役立ちアイテム。花粉症によるゆらぎなどで肌が敏感なときは、どんなブラシを使えばいいのでしょうか? もしくは、ブラシを使うのは控えたほうがベター?

A5 粉だからってブラシで塗らなくても大丈夫!

「付属ブラシも小さくて圧がかかりやすく刺激になるので、そんなときはスポンジを。厚みのある三角スポンジや五角スポンジが◎。しかし、洗わないとダメなので、そこは気を付けて」(ヘア&メイクアップアーティスト paku☆chanさん)

VOCE2018年3月号
出典:

「水に濡らすとぷるんぷるんに変身。くずれない肌作りにマスト! 小鼻や目の下など細かい部分にも使いやすい」(美容ライター 通山奈津子さん)

ViVi2018年6月号

肌が敏感なときには、ブラシでなくスポンジを利用するのが◎。メイクに付属しているブラシでも、圧力がかかりやすく肌に刺激を与えてしまいます。スポンジを使うなら、厚みがある三角や五角スポンジがおすすめ。ただし、こまめに洗って清潔に保つよう心がけましょう。

Q6 花粉症でアイメイクがうまくできない!

花粉症で肌が敏感になってしまい、アイメイクがうまくできない……という悩み。特に、アイラインがうまく決まらずに、なんだか目元がさみしい印象に。花粉症でも上手にアイメイクを仕上げるポイントは?

A6 リキッドの点々置きが有効!

出典:

「ペンシルだとまつ毛キワへのアタリが強いかもしれないので、リキッドやジェルライナーをまつ毛の間を埋めるように点状に“打つ”といいかも。あえてやわらかテクスチャーを選ぶのがポイント」(ヘア&メイクアップアーティスト paku☆chanさん)

VOCE2018年3月号
出典:

アイメイクがうまく決まらないときは、リキッドやジェルライナーを使うのが◎。ペンシルタイプのアイライナーだと、まつ毛キワへのアタリが強すぎる場合があります。まつ毛のすき間を埋めるように“打つ”イメージで、アイライナーを点状にのせていきましょう。やわらかくなめらかな質感のアイライナーを選ぶのがポイントです。ただし、目の状態がひどいときは、無理にメイクをするのはNGです。

  • 3/6ページ
  • Icon paging first
  • 1
  • 3
  • 5

関連記事&キーワード