ポニテで美女に見せるなら断然低め♡大人「ローポニー」のやり方

BEAUTY HOLICS編集部 2017.10.9

簡単にできて、可愛くなれるヘアアレンジ「ポニーテール(ポニテ)」。ヘアゴムひとつで出来る簡単アレンジだから、不器用さんにもおすすめのヘアアレンジです。また、髪の毛を結ぶ高さによって変化を楽しめるのも嬉しいポイント! 今回は、大人っぽが叶う「ローポニー(低い位置で結ぶポニーテール)」のやり方のコツ、アレンジヘアをご紹介します。

簡単に作れる大人っぽヘア、その名も“ローポニー”!

出典:

結ぶ位置で変化のつくポニーテールですが、今っぽくしたいなら、低めの位置でつくる“ローポニー(低い位置で結ぶポニーテール)”がおすすめ。簡単&時短が叶うアレンジだから、覚えておいて損はなし! 結び方や、ヘアアクセサリーを変えてバリエーションを楽しめるのも嬉しいポイントです。今回は、抜け感のある今っぽローポニーのやり方と、レングス別アレンジをご紹介します。

そもそも「ポニーテール」ってどんなヘアスタイル?

出典:

ポニーテールとは、髪の毛を頭の後ろで一つに束ねたヘアスタイルのこと。束ねた毛先が垂れ、小馬のしっぽのように見えることから、ポニーテールと名付けられました。髪の毛をまとめることで、顔まわりがすっきり見え、また、結ぶ高さによって印象が変わる、便利なヘアアレンジです。

「ちょっと崩す」がコツ!“ローポニー”の基本のやり方

それでは簡単おしゃれが叶うローポニーのやり方をご紹介します。ちょっとしたコツで、おしゃ見えが叶うんです。

1 手ぐしで髪をまとめ、低い位置でポニーテールをつくる

出典:

手のひらにワックスをのばし、髪の毛全体に付け、手ぐしでざっくり一つにまとめます。耳の下あたりの高さで髪の毛を結び、ヘアゴムで留めるます。毛束を左右に分け、結び目がしまるようキュッと引きます。

2 サイドのヘアをポニーテールから引き出す

出典:

ヘアゴムで結んだら次のステップ! 結び目のサイドの髪を引き出し、抜け感のあるヘアスタイルに仕上げていきましょう。前髪のサイドの髪を、5ミリ~1センチほど引き抜き、後れ毛を作ります。このとき、多く出しすぎるとだらしなく見え、結び目も崩れてしまうので気をつけてくださいね。後れ毛は、左右アシンメトリーな量が自然な印象に仕上がります。

3 全体を調整し、低めポニーテール“ローポニー”の完成!

  • 1/3ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード